アマゾン、日時指定便でもデリバリープロバイダが配送?解決方法は?

ライフハック

 

 

Amazonで頼んだ品物がデリバリープロバイダで送られて…来ませんでした。

だって日時指定便でも普通に遅れるんだもん。キャンセルしました。いつ届くのかもわからんし。

 

 

金払って日時指定便にしてるんだから遅れるのはなしでお願いしたい…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで解決方法を探っていきますよ。

 

 

 

みんなだいすき僕もだいすきAmazon。

その前にデリバリープロバイダとは何ぞや、という方のために少し説明させていただきます。

デリバリープロバイダについてもうええわ!という人は次の見出しまで読み飛ばしてください。

 

スポンサーリンク

デリバリープロバイダとは何ぞや

 

Amazonの配送はほとんどヤマト運輸が行っていました。

地域によってカトーレックとか、西濃運輸だったりはしましたけど。

 

みんな使うもんで、なおかつAmazonプライムもあって小口での注文、配送が圧倒的に増えました。

 

現場への負担の大きさが凄い上にそこまで単価が高くない…

結果として、ヤマト運輸はAmazonの配送をほとんど取り扱わないようになりました。

で、多くなってきたのがデリバリープロバイダという業者による配送。

正確には業者間の配送を担当してるような、個人向け配送サービスの提供をしていなかったようなところへの委託をデリバリープロバイダと呼んでるようです。

 

個人向け配送のノウハウとか、そもそも大手じゃないことからもう現場は大混乱。

 

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/14/news098.html

―― ネット上では、配送の遅延や再配達依頼ができないといった声が多数見られましたが、こうしたトラブルは実際に起こっているのでしょうか。

Aさん:日常茶飯事です。弊社はTMGという会社にコールセンター機能を外注しているのですが、そこがパンクしてしまい、各デリバリーステーションに連絡が来ないということが毎日のようにあります。また、再配達の連絡もTMGから配信されるのですが、再配達時間の終了10分前に来たりするので対応しきれないというのが実情です。

 

 

 

 

https://anond.hatelabo.jp/20170709204639

正直に申し上げますが、配送の現場は終わっています。

皆さんはクロネコヤマトしか知らない人も多いですから、配送=日時通り届いて当たり前。不備があっても逐一、電話連絡があって当たり前…と思っていますよね。

残念ながら、それはヤマトだからこそ出来る芸当で、一般的な配送業者には真似出来ません。

 

 

 

とにかく大量の配送を捌き切るシステムがなかったり。道をあんまり知らないから配送できないこととか。

 

その結果サービス品質が低くなっています。

値上げしないためにサービス品質下げるのはアリだとは思うんですけど、限度がね…

 

 

 

 

 

結論:もう店頭受け取りするしかない

 

そんなデリバリープロバイダ、使いたくないんですよ。ユーザーとしては。

 

ほぼ毎回配達業者が実際違うわけですから。個人情報が毎回違う所に行くのがヤダって人もいるはずです。

 

配送遅延は日常茶飯事ですし。

 

Amazonプライム入ってようが何だろうが、ほぼ確実にデリバリープロバイダです。

 

通常配送もデリバリープロバイダ。

お急ぎ便もデリバリープロバイダ。

 

デリバリープロバイダ地獄。

 

このデリバリープロバイダ地獄からエクソダスしたいわけですよ!!!!僕らは!!!!!

 

そんなところに日時指定便にするとデリバリープロバイダ以外の配送になるよ、という通説が流れ始めました。

 

でも日時指定便にすりゃ解決!とは、行きませんでした。行かなかったんですよ。

 

2018年9月くらいからそれは崩れはじめたんですよ・・・

 

Twitterではこんな声が上がり始めてます。

 

最近は日時指定便でもデリバリープロバイダが来るようになった…憂鬱。

Amazonでお届け日時指定便 を選択してもエリアによってはデリバリープロバイダで発送されてしまう。

 

 

 

ええ関東圏内もデリバリープロバイダになりました。だから記事書いてるんです!!!

 

 

  • 普通に配送をする>デリバリープロバイダ。
  • お急ぎ便で配送>デリバリープロバイダ。
  • 日時指定便>やっぱりデリバリープロバイダが増えだした…。

 

日時指定便でデリバリープロバイダに届いたってツイートが見え始めたらそれが終わりの合図です。

 

 

でも、コンビニや店頭受け取りにしちゃえば、デリバリープロバイダが配達に来ることはないんです。物理的にな!!!!

 

そりゃ途中まではデリバリープロバイダが担当する可能性、なくはないですけど。

 

現在はコンビニまでの配送の場合は日本郵便かヤマト運輸が担当しているという話です。

まとめて配送できるからコストもそんなにかからないのだと思います。

 

事故も減るし結果的に早く荷物を受け取れるのです。

 

 

結論。デリバリープロバイダ避けるなら「配送してもらう」を諦めて店頭受け取りを使おう

 

 

 

 

PUDOロッカーに配達って超便利。かがくのちからってすげー

 

 

 

Amazonの場合だと厳しいんですが、

楽天でヤマト運輸を選んだ時、らくらくメルカリ便(=ヤマト運輸)などの利用の場合に使えるテクニックをご紹介しておきます。

 

 

コンビニ受け取りができない場合はPUDOロッカー、使いましょう。

 

街頭に置かれている共有の配達ボックス的なものなんですが、

 

PUDOロッカーと提携している業者しか利用ができません。ここは重要です。

具体的に言うと、Amazonで送られてくる場合は佐川急便、ヤマト運輸以外はほとんど、対応していません。

 

 

再配達先や、受取先をPUDOロッカーに変更することで使えます。

24時間受け取りが可能で、暗証番号の入力と電子サインを書くことで受け取りが可能です。

仕事帰りの家族に受け取りを頼む、なんてこともできますね。

 

 

メルカリのような追跡番号がすぐ分かるサービスを利用している場合、受取先をすぐにPUDOロッカーに変更しちゃいましょう。

確定ではないですが、当日受け取れる荷物をお昼ごろに受け取ることができます。

当たり前だって?そんなことはないのですよ。

私はメルカリで前日に発送された荷物を翌日のお昼に受け取りました。なかなか早く受け取れたほうかと思います。

 

前日、追跡番号を手に入れたらその場で配送先を変更。

友人とランチしてる間に届いちゃいます。そのままちょっと暗証番号とサインを入力して、受け取った荷物。友人に渡す誕生日プレゼントだったのでそのままぶん投げてプレゼントしました。

 

そういう芸当もできるってことです!かがくのちからってすげー。

 

オープン型宅配ロッカー 利用イメージ

 

 

 

配送業者への幻想を捨てよう

 

 

運送費コストが上がりまくってるんです。

ガソリン代とか、人件費とか。

そもそも配送の回数、量が増えてて人手が足りないんです。

 

 

その中でもクロネコヤマトがマージでバケモンです。

 

都内だったら3km圏内には配送センターがあるんです。

こんなに配送センターだらけのクロネコヤマトじゃなきゃあんな迅速で安定したサービスは提供できません。

 

 

佐川急便さんと比べてもIT系のサービスにも注力しています。

 

LINEで発送通知、再配達の申し込み、受取先の変更

クロネコメンバーズという使いやすいサービス。

頭一つ抜けてるヤマトさん、ほんとすごいんですよ。

 

どの業者もがんばってはいるんですけど、ヤマトさん並のサービスを期待するのは酷すぎる。

あの規模とあのクオリティはほかじゃ真似できませんって!

 

残念ながら、

配送サービス品質の低下を受け入れるか、ヤマトで送ってくれる通販を利用するかを選ぶしかない時代がもうそこに来てます…。

 

一円でも安く、お得にも大事ですけど、安心にお金を出すっていうのも悪くないことだとは思います。

 

配送業者さんには、送ってくれたら「ありがとう」とかお礼を伝えるだけで喜ばれます。

デリバリープロバイダの中の人も必死に頑張ってるので、あんまり邪険にしないであげてね!

 

 

 

 

 

この記事へのコメント

  1. 匿名 より:

    他所のサイトで信じて頼んだらデリバリープロバイダ・・・。アマゾン使いにくくなった。それ以外は凄く洗練されてていいんだけど。今後受け取れる大きさの物は絶対コンビニ以外で頼まないようにしないと。

  2. 匿名 より:

    失って気付く佐川の有用性…
    佐川さんもそれなりに頑張ってたんだねって

タイトルとURLをコピーしました