JR東日本ガンダムスタンプラリー 2日攻略チャート&制覇レポ

ライフハック

 

JR東日本で2020年もガンダムスタンプラリーが開催!

スタンプラリーはポケモンスタンプラリー(初回)以来の参加となった私ですが、スタンプラリーが始まった2020年1月9日(木)、1月10日(金)の二日間でクリアすることができました。

その攻略チャートを公開します。

レポート的な内容は追記予定。

 

スポンサーリンク

はじめに/画像の無断転載はやめてね

当記事のコンテンツはほぼ自力でスタンプラリーを制覇した人が書いています。

鉄道にお詳しいおにいさんおねえさん方には非常に見苦しい内容になっていると思いますが、そこはもっといいルートがあったりテクニックがあればコメント欄に書いていってもらえるとありがたいです。

 

それと一つお願いを…。

画像コンテンツのTwitterや別のサイトでの直接使用、無断転載はお断りしています。Twitterで画像を使用する場合は画像を使用するツイートの文中で、画像の載っている記事のURLを明記していただけるよう最低限お願いします。

(画像だけがひとり歩きするので画像のみのツイート+URLのツイートという形式はやめてくださいね。以前、必死に作った画像を記事に載せたところ「ネットで拾った」と無断転載されまくって多くの人に見られましたがその記事自体はアクセスされず非常に悲しい思いをしたので…。)

この記事に載ってる画像が…というような「紹介」の形だととてもうれしいです。

 

攻略のポイント

二日間で攻略するにあたって

 

2020年のJR東日本ガンダムスタンプラリーは全65駅。

これを二日間で攻略するには

  • 同じところに戻ってこない=一筆書きを意識する
  • 電車の本数が少ない地域の本数が少ない時間を避ける
  • アクセスが悪いところを避ける
  • 通勤時間帯、混み合う時間を避ける
  • 乗り換え待ち時間を減らす
  • 乗り換えミスを減らす
  • 最終ゴールのガンプラ引き換えが20時まで。それまでに到着する

…が以上がとても大事です。

 

また、気をつけたいのが

  • 本数が多いところは3~5分以内でスタンプを押したいのでゲームとかやってる暇ない
  • 暖房の暑いところと寒いところを行ったり来たりするので岩盤浴みたいなハードさ
  • 汗っかきなら水分補給しないと命の危険すら見える。もはやマラソン
  • 歩き回る上階段も多いので疲れる、2日クリアは子供にはつまらない
  • 雑に登録していたGoogle fit、二日間で382分の歩きを計測
  • だんだん精神がまいってきて修行めいてくる
  • 言葉が通じない人が10冊くらいスタンプ押してて時間がかかる

以上。

10冊おじさんがノロノロスタンプ押していたら声かけて先にスタンプをサクッと押させてもらうのが良いと思う。次の電車まで3分しかない区間もあるので、そういう時間のロスはもったいない。

 

かかった時間

私は二日間に分けて達成することができました。

1日目、(7時間)

15時赤羽からスタート、

22時に赤羽・尾久・上野+山手線南側19駅をクリアで撤収。

2日目、(9.5時間)

6時10分開始、

11時~13時40分は用事のため一旦赤羽へ。

17時45分 東京駅スタンプクリア、全65駅制覇。

トータルで16.5時間ほどがクリアにかかった所要時間です。

早い人だと12~13時間という報告が上がっていますが、1日で制覇している人もいます。

 

かかった費用

  • 青春18きっぷ2回分を友人から安く譲ってもらう:3500円
  • 友人との合流地点までの都区内パス:670円
  • 飲んだ飲料8本:1000円前後
  • 途中で食べたおにぎり等:800円程度
  • 18きっぷ区間外のモノレール:1037円
    (浜松町~天王洲アイル 199円.
    天王洲アイル~羽田空港国際線ビル 346円.
    羽田空港第一ビル~浜松町 492円)

合計:7007円がゴールまでに発生した費用です。参考までに。

 

エリアマップ/敵を知ろう

大まかにスタンプ配置駅は

  1. 山手線
  2. 宇都宮線(赤羽・尾久)
  3. 京浜東北線(東十条・王子)
  4. 京浜東北線蒲田方面(大井町~蒲田)
  5. 埼京線(十条・板橋)
  6. 中央線山手線外(大久保~西荻窪)
  7. 中央線山手線内(千駄ヶ谷~御茶ノ水)
  8. 常磐線(三河島~取手)
  9. 総武線(馬喰町/新日本橋)
  10. 東京モノレール

この10エリアに分けることが出来ます。

このうちまずめんどくさそうなエリアをピックアップします。とりあえず路線ごとに色分けをしました。

ハートマークがゴール駅、★のついている東京駅が特設ゴール駅。全駅クリア特典は特典ゴール駅でしかもらえません。東京駅を最後にするのがよいでしょう。

 

山手線がメインというのがわかります。山手線は本数も多いですし障害にはならないでしょう。

それ以外のものを見ていくと、

  • 宇都宮線(赤羽・尾久)
  • 京浜東北線(東十条・王子)
  • 埼京線(十条・板橋)

この組み合わせは割とまとめて確保しやすいはず。

総武線(馬喰町/新日本橋)はゴールが東京と決まっているので終盤に回すのが良さそう。

中央線山手線内(千駄ヶ谷~御茶ノ水)もゴールの近くに回せば都合よく東京駅周辺まで移動できます。最初か最後になるでしょう。

 

しかし、中央線山手線外(大久保~西荻窪)は西荻窪まで行ったあとまた戻ってくる必要があります。

  • 京浜東北線蒲田方面(大井町~蒲田)
  • 東京モノレール

割と距離の近いこの2つの路線も同様です。スタンプを回収したあとほぼ同じルートで戻らなければなりません。

そしてなかなか骨が折れるのが常磐線(三河島~取手)。スタンプも多く道のりは長いです。

これら4つのエリアを楽にこなすことが重要になってきます。

 

めんどくさいのが分かっていたので先にそのへんを終わらせたい!ということで大まかに作り実行したのがこちらのルートです。

二日間攻略チャート

1日目で羽田空港、蒲田を抑えて山手線の中央線から南方面を終わらせる。

一番遠そうな羽田空港方面のモノレール、蒲田までの京浜東北線、その周りの有楽町~原宿までの山手線を消化。

この時、確実に二日目で通るであろうルートのスタンプはスルーした。二度手間になるであろう駅ではスタンプを押す。これで19駅程度を終える。

ガンダムスタンプラリーの実際に移動した一日目のルートです。

 

2日目は始発で赤羽から開始。常磐線の三河島から取手までの駅を一つずつ回収。あえて通勤時間帯に都心部に向かうのと逆の方面を狙うことで混雑を避ける。

通勤ラッシュが終わったあたりの時間で戻ってくることで座って休憩ができる。

(昼に赤羽に用事があったので)京浜東北線の日暮里、西日暮里を抑えて一旦赤羽に戻る。

東十条、王子、田端と山手線のエリアまで戻り、

そこから北部(駒込、巣鴨、大塚、池袋、目白、高田馬場)を回収。

中央線を西荻窪まで一つずつ回収してからまた座って休憩。

代々木より南の原宿方面は1日目で終わらせていたので中央線で神田へ。

山手線で秋葉原>御徒町>秋葉原と戻り、

総武線(馬喰町、新日本橋)を回収しながら東京でゴール。

ガンダムスタンプラリーの実際に移動した2日目のルートです。

上にも書いたとおり、16.5時間でのクリアとなった。もうちょっとルートの改善や、乗り換えミスを減らせば早くクリアできるはず。

 

スタンプ台の設置場所

基本的には改札の外。覚えているもののみ。

歩き出す前に貼られたポスターを探そう。

秋葉原駅:中央改札(電気街口じゃないよ)

馬喰町駅:西口

神田駅:南口改札

東京駅:丸の内南口改札(ゴールとは別)

有楽町:銀座口

上野:入谷改札(中央改札ではない)

新橋:北改札

池袋:新南改札外

浜松町:南口改札

羽田空港第一ビル:北口

羽田空港国際線ビル:3階改札

御茶ノ水駅:水道橋口

四ツ谷駅:四ツ谷・麹町口

赤羽:北改札 みどりの窓口前

新宿駅:東口みどりの窓口前

中野:南口

金町:改札外みどりの窓口の中(20時まで)

 

気になったこと/テクニック

学生など時間がある人は羽田空港で仮眠とって始発スタートができる…?

羽田空港、ターミナル間の無料バスもあるがそれで浮くのは200円程度だったような気がする

チャージがしっかりされているSuicaを持っておくとさっと自動販売機を使える。

スタンプ帳をスロットインするタイプのケースに入れると全65駅もあるので引っかかりやすい。破れたので別のタイプのものが良い

 

モバイルバッテリーは20000mAh推奨。

 

長丁場なのでワイヤレスイヤホンの充電が切れる。有線のイヤホンがあったほうがいい。

高コスパイヤホン「RP-HJE150」に心が救われた話
いつも(3年くらい)一緒に外を旅してきたイヤホンが勝手に旅に出たのでいまの心境をレポートします。 RP-HJE150っ...

 

2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】

 

 

「JR東日本 機動戦士ガンダムスタンプラリー あなたならできるわ。」制覇レポ、気が向いたら書きます。

 

 

 

 

 

この記事へのコメント

タイトルとURLをコピーしました