[シート無料配布]Twitter除外検索でコンテンツの感想を見る

解説

Twitterで推しコンテンツを検索ワードにして検索したとき、ぜんぜん違うコンテンツに関するツイートばっかり出てきてハァ〜〜〜〜ってなったことはないですか。私はある。

特に推しコンテンツのタイトル名とかが一般的なワードだと本当に困る。「チケット」、「フェス」とか「ドリーム」とかが入ってると季節ガチャとかでそういう別コンテンツのツイートがめちゃくちゃに入ってくる。それを選り分けて推しコンテンツを探すのは控えめに言って地獄である。

そうなると推しに関するアカウントを片っ端からフォローしてフォロワー内検索、リスト作成してリストタイムラインに引きこもるとか、色々ありますけどどれもめんどくさーーーい!

実はTwitterには「高度な検索」機能があり、特定のワードを入れる事で特定キーワードを除外した検索、特定の期間のツイートを指定しての検索が可能となっています。

 

そういうわけでTwitter検索、使いこなしていきましょう。例のシートがすぐ欲しい方は下の方にあるので、3つほど見出しを読み飛ばしていただければ。

スポンサーリンク

Twitterは除外検索でノイズを減らす

Twitterには除外(マイナス)検索があります。これによって検索結果から不要な内容を弾いて絞り込みができるわけです。

やり方は以下。

除外したいキーワードの前に-(マイナス)を付けて検索する。さらに””で囲みます。スペースで区切る事で複数指定できます。ハッシュタグも同様です。
(例)
ラーメン -“ショコラ”
ラーメン -“ショコラ” -“二郎”
ラーメン -“ショコラ” -“#家二郎”
(NG例。””で囲まないとなぜか「豚汁」の検索結果になります。)
-豚汁

 

Twitterは見たくないワードをミュートする機能(ワードミュート)がありますが、Twitter検索のときは普通に出てきたりしておF○○kです。

推しコンテンツをキーワードにして検索するとやたら出てくる別界隈のツイート。これを別界隈のものであると認識するとき、どのように認識されていますかね。私の場合はだいたいタイトル名、キャラ名、イベント名、取引関係キーワード、botがツイート文、ユーザー名に含まれているときに「あー、別コンテンツで使われてるワードなんだな…」と感じますね。

そういうときはこれらを片っ端から除外ワードにして検索をします。もちろん用途に合わせてやってみてください。それが含まれてるお目当てのコンテンツも検索結果に出なくなっちゃいますので。

 

この除外検索を利用すればお目当てのツイートがたくさん出てくるのですが、新しい順にしか出てきません。ここで時をかけるすべをお伝えします。

Twitter日付指定検索で放映中・ライブ後の感想を見る

日付指定検索という、ツイートされた日付を指定しての検索がTwitterでは可能です。それだけではなく特定の”期間”の検索も可能です。これによって推しコンテンツのライブ前後とか、アニメ放映中の実況、感想ツイートを狙って拾いに行く事が可能になります。

日付だけではなく同時に時間も秒まで指定可能です。

指定された期間のツイートが並んだTLはやはり新しいものが上に出てきてしまうのですが、タイムトラベル感覚あってそれはそれで楽しいです。たどっていき時をかけましょう。古のオタクの悲鳴を聞くなど、幅広い用途があります。

 

いつから>since いつまで>until を半角スペース区切りで入力します。書き方としては以下なのですが、例を見ていただくのが早いかと。年月日と時刻の間はアンダーバーです。どちらも最後に_JST を忘れずに。

sinceのみだとイマイチ使いづらいのですがuntilのみでもそこそこ使えます。指定時刻までの最新ツイートなので…。
(年-月-日_時:分:秒_JST)
since:YEAR-MONTH-DAY_HOUR:MINUTE:SECOND_JST
until:YEAR-MONTH-DAY_HOUR:MINUTE:SECOND_JST

(例)
ドリフェス until:2016-10-7_23:00:00_JST
ドリフェス since:2016-10-7_22:30:00_JST until:2016-10-7_23:00:00_JST
ドリフェス -“ドリフターズ” since:2016-10-7_22:30:00_JST until:2016-10-7_23:00:00_JST
(NG例。検索結果なしになります)
since:2016-10-7_22:30:00

 

OR検索で一度に検索する数を増やす

OR検索を使えば、「特定キーワードのどれかを含む検索」ができるので、推しコンテンツだけではなく推しコンテンツに関連する人物名やキャラクター名が含まれるツイートも拾いやすくなります。

除外検索や時刻指定検索と組み合わせが可能なのですが、時刻指定検索のときに特に威力を発揮するような気がします。ユニット名とかだけで検索すると検索結果が寂しかったりもするので…。

ついでに裏技を一つ。アカウント名をOR検索対象にすることもできるのですが、ここで架空の存在しないアカウント名をOR検索に含めることによって、アカウント名に検索ワードが入ってる系アカウントを検索結果から弾くことができます。

 

検索したいワードを OR で挟みます。複数指定が可能です。
(例)
奏 OR 純哉
奏 OR 純哉 OR 慎 OR 千弦 OR いつき OR DearDream

 

 

ここまで3つの検索方法をご紹介しましたがぶっちゃけ毎回アプリとかTwitterの検索窓にダブルクォーテーション(“”のことだよ!)入力するのが非常にかったるいです。というわけで作ったものがあります。どん!

Twitterで検索除外設定をちょっと楽にするスプレッドシート

Twitterで除外検索するワードを設定ごと自動で含めた文字列を作れるシートをGoogleスプレッドシートで作成しました。

 

これで毎回除外検索ワード管理でヒーコラ言わなくて済みますし、各自Google Driveに保存されるので何を除外検索しているかは人に見えないようになっています。ちょっと口外しにくい地雷ワードを除外するのに便利ですね。

このシートを読者さん限定、無料で配布します。そのまんま転載されるのもかなりイヤなんですが、そのまんま転載、有料で販売する事は絶対にやめてくださいね。

お友達に紹介する際はツイート、URLコピーなどでこちらの記事を共有していただき、この記事ページの下のリンクから「ファイル」>「コピーを作成」でお持ち帰りください。ダウンロードしていただいてもかまいませんが、GoogleスプレッドシートなのでGoogleアカウントを利用してそのまま使うのがかんたんかと思います。また、Excelなどでの互換性は確認できていません。

使い方はこちら。

あなたのGoogleDriveに保存して利用していただくため、Googleアカウントが必須です。
・スマホからの利用はGoogleスプレッドシート アプリをダウンロードしておくとよいでしょう。
・こちらからあなたのGoogleアカウントは見えませんし何かに利用することもないです。

 

目的別に4つシートを用意しています。検索ワード含むユーザーを除外検索
検索ワード含むユーザーを含めて検索
検索ワード含むユーザーを除外検索&日付時刻指定検索
検索ワード含むユーザーを含めて検索&日付時刻指定検索

1.用途に合わせてシートを選択していただき、検索する文字列に検索したいキーワードを入力。半角スペースで区切ってOR検索すれば複数キーワードを指定可能です。2.除外ワードを上から入力していってください。空白がある行までのものが連結して除外検索用に出力されます。空白行があるとそこまでしか認識しないので上からつめて入力してあげてください。3.出力結果をコピーしてTwitterアプリ、ブラウザのTwitterの検索欄に貼り付けして検索するか、リンクと書かれたセルの隣、検索結果URLにリンクとして出力されているのでそこからリンクをクリック、タップすればTwitterの検索結果にジャンプします。3.5.日付検索の場合は日付を指定、書き換えてあげてください。アニメの放映日時はWikipediaなどで。

シートを分けずに一括して除外検索ワードを管理する方式も考えたのですが、利用者が勝手にいじりやすいほうがいいかなあと思い一旦保留。要望あったらできる・・・かもしれないです。使い方わからん場合は記事にコメントください。

Amazon Prime入会やAmazonで買い物していただけると収益が私のところにはいる仕組みになっています。もしこの記事の内容がお気に召しましたら、投げ銭代わりにでもうちからお買い物していただければ幸いです。

そこまでいかなくても拡散してくれるだけでたすかる。

 

ライブ系記事結構書いてたりします。銀テ収納ケースをどうすべきか問題について書いています。

接点復活剤、一家に一本クラスで便利です。こないだPS4のコントローラー治しました。

 

この記事へのコメント