(ほぼ)日刊ステラマーケット第2夜 しまじろう まほうのしまのだいぼうけん

アニメ

 

ほぼまいにち連載企画、(ほぼ)日刊ステラマーケット第2夜。

今回は「しまじろう まほうのしまのだいぼうけん」をあなたにお届けします。

しまじろう?そのしまじろうだけどちょっとすごいしまじろうです!

 

前回の(ほぼ)日刊ステラマーケットはこちら!

 

 

スポンサーリンク

オタクと大人に抜群に刺さるしまじろうとは

 

2020年のいま、大の大人が、いやオタクたちが「しまじろう」に涙腺を破壊されている。

 

ここでの「しまじろう」とは非常に局所的な人気ながら歴戦のオタクたちから大絶賛されているアニメ映画「しまじろう まほうのしまのだいぼうけん」(以降本文においてしまじろうはこれを指す)。

 

テレビでやってたしまじろうは未就学児あたりの子供をターゲットにしたアニメ。知ってる人は知ってる。あのしまじろうね、うんうん。となる人はそこそこいるんじゃなかろうか。

 

ブラウザバックしかけたその手を少し止めて聞いてほしいのです。

 

「しまじろう まほうのしまのだいぼうけん」、決して子供向けの一言だけで終わるアニメではありません。

無駄のない脚本、綿密な演出、そして思わず共感してしまう登場人物のキャラクター設定。これらの要素がしまじろうをいまたくさんあるアニメ作品に埋もれさせていないのです。

「しまじろう まほうのしまのだいぼうけん」は子供+親の2世代に刺さる両刀の使い手なのだ。嘘だと思うならその目で確かめていただき候。

youtubeでも見れる!

映画しまじろう「まほうのしまのだいぼうけん」

アマゾンプライム会員なら無料で見ることができまする。

 

まだ良くわからんぞ、しまじろう?!という人をうまいことしまじらせたい。そんな思いを込めて先に上げた3つの要素を説明しちゃいます。

※しまじる。しまじろうを見る、好きになる、の意

 

 

スポンサーリンク

無駄のない構成

 

全52分、エンディングが3分くらいなので実質49分ですかね。

たった49分間で元の世界での日常、異世界でのだいぼうけんの両方を描ききります。

それも、伏線、あのシーンがこのシーンに…という繋がり方をていねいにやるのです。繰り返しを使ってキャラクターの成長を見事に描いているのが本当にていねい。一見ギャグのようにしか見えないシーンもキャラクターの性格を表現する上で全て重要なものになっています。

 

ライブ感ある綿密な演出

全ての要素が意味をもってそこにあるような演出は非常に評価が高いですね。見逃さないように、頭使っての視聴も楽しめるほどのクオリティです。

劇中、見ている人に向かってしまじろうたちが応援してね!と呼びかける演出があるのです。これは子供向けの演出だとバカにしてはいけないです。ちゃんと応援してあげてくださいね。最後まで見ると言ってる意味がわかるはず。

それと、大きなお友達…オタクを集めて全力で応援するとすばらしいヴァイブスが得られます。実は「しまじろう まほうのしまのだいぼうけん」はTwitterやDiscord上で同時再生上映会が何度も開かれています。ハッシュタグをつけてみんなで実況したり応援すると最高です。

 

共感性の高いキャラクター設定

活発で一生懸命なしまじろう、しまじろうが心配で目が離せないおかあさん。
魔法使いとしてまだまだ未熟なアウラとその師である魔法使いのベルナ。

この二組の親子の関係性が描いているのは決して一言で表せるような簡単なものではないはず。お互いがかける言葉はありふれた記憶の中にある感情を呼び起こしてくれます。

あなたはしまじろうとおかあさん、どっちに感情移入しますか?

大人だからといってしまじろうに感情移入してはいけないなんてことはないです。自分の感じた物を信じて楽しんでください。大人ならしまじろうの気持ちも、おかあさんの気持ちもわかるはず。わかってしまうはず。どっちもわかるからこその楽しみ方もできるはずです。

 

ここまでしまじろう まほうのしまのだいぼうけんについて書いてきましたけど、一つ言えるのはこのアニメ、評価されるべきだと思って人にめちゃくちゃすすめてる人たちが一定数います。それだけのパワーがある作品です。アニメ好きならしまじろうのことなんてわからなくても絶対に大丈夫です。知ってる人なら知ってる人で最高のサプライズがありますよ。

安心してしまじっていただきたい。

映画 しまじろう まほうのしまのだいぼうけん、良いとかいう次元じゃない。

 

以下の人は特におすすめ。
昔しまじろうを見ていた人、面白いアニメが見たい人。
プリパラ アイカツ!ドリフェス!Wake Up, Girls!のファン。

 

アマゾンプライム会員なら無料で見れます。わざわざ入って見てもらってもよいけれど、

 

youtubeでも見れるのだ!!!!

映画しまじろう「まほうのしまのだいぼうけん」

 

この記事へのコメント

タイトルとURLをコピーしました